logo240x80 blog

会社(株式会社TGMY)のサイト
チーム(team TGMY ashida)のサイト もご訪問ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

EcoCarFesta2005の反省 (T)

(TGMY 掲示板からのコピーです)

WEM GP 2時間レースに〔TGMY2005〕号と
WEM 1時間レースに〔大誠テクノ〕号で
参加しましたが両クラスとも良かったのは最初だけ。

先ず1時間レースは豊橋創造大期待の
「さとえり」がドライブする〔大誠テクノ〕は
ポールポジションからスタート
1・2コーナーでは他車に先行を許すものの
3コーナー手前で刺してそのままTOPで一周目クリアー
そのあとも徐々に2位以下を引き離す展開。
しかしスタートして20分ほど経過したころから
スピードに乗っていない。

見ると車体が右に少し傾いています。
急いでピットインの指示を出しましたが
時既に遅く右前輪のスローパンクチャーで
第3コーナー手前で動けなくなりました。
結果は25分で14周クリアーTOPのままリタイヤです。
その時の電圧は約25V。
パンクさえなければ32周に届いたはずです。
「さとえり」には折角のデビューウィンの
チャンスを潰して可愛そうなことをしました。

続く2時間レースは「ミナ」が
一度も乗ったことのない車・一度も走っていないコースに
ぶっつけ本番の決勝ドライブ。
前日の予選で「ばなな@TGMY」がもぎ取った
フロントローからスタートです。

周囲を見ながら最初慎重な滑り出し、
それでも1周目5位で戻ってきました。
15分を過ぎたころ堺市工Y科長が
左前輪おかしいのアドバイスに
念のためピットインの指示を出しました。

ピットに戻った車の前輪を見ると異常なし。
その時「ミナ」が
「前の周くらいからモーター音おかしい」と報告。
念のため点検しようとした途端大音響と共に
リアーカウルが一瞬浮き上がりました。

とっさに想像したのは電気系統
それもバッテリーの爆発でした。
恐る恐るカウルを開けると
リアータイヤのビート部分で裂け
樹脂製の後輪カバーが粉々に砕けていました。
この破裂音は約200m離れた50番ピットにも届いたそうです。
ただ運良くピットでの事故だったため
直ぐに取替え作業に掛かりました。

Y科長にT隊長・鍋奉行・尊師に
私と手際の良い作業でタイヤを交換し
再びコースに送り出しました。
その後淡々と進む中雨が少し強くなり
パンクやカウルの雨対策で各ピットは大忙しです。
そんな中また右前輪がスローパンクのようだと
連絡が入りピットで待ち受けましたが
もっどって来ません。

その直前に起きた事故で赤旗中断。
赤旗中断までにピットレーンに届かず
最終コーナーを過ぎた付近で停止させられています。
オフィシャルの許可を得て車に近づくと
グリッド再スタートの指示です。
急いで車を押そうとしたら全然動かない。
良く見ると停車している間に
エアーが完全に抜けただけでなく
左前輪も後輪もエアーが抜けています。
オフィシャルに台車を借り、再スタートの
グリッド整列を横目にピットに戻りました。
ピットではもう一度走らせる準備を始めましたが、
尊師の「雨だしもういいんじゃない」の
一言でリタイヤを決めました。

「さとえり」と「ミナ」には
歯がゆい思いをさせた一日でした。
汚れたタイヤを洗いチューブにエアーを入れて
観察するとピンホールから3・4mmの傷まで様々。
やはりコンクリート刷毛目の路面は想像以上に過酷でした。
しかも「ミナ」の前輪の片側には二箇所も穴がありました。
そして後輪のトレッドゴムに隠れて先の
尖った小石(0.8?1.0mm)が残っていました。

マァ事故にならなかっただけ
幸いと思うことにしましょう。
スポンサーサイト
  1. 2005/05/24(火) 12:00:00|
  2. エコラン・電気自動車
  3. | コメント:0

EcoCarFesta2005:TGMY速報 (T)

(TGMY 掲示板からのコピーです)

5月21・22日の二日間、来年2月開港予定の
神戸空港のエプロンでEcoCarFesta2005が開催されました。
1日目の21日は練習走行と予選がおこなわれました。

taem TGMY Ashidaは
WEM GP 2時間レースに〔TGMY2005〕号と
WEM 1時間レースに昨年に引き続きスカラシップの
〔大誠テクノ〕号で参加しました。

予選はスタートして二つのコーナーを経て
チェッカーのあと指定区間内で停止。
オーバーランは失格です。

TGMYでは勿論両クラスPPを目指しました。

目論見通りに行ったのは
今回がデビューレースとなる豊橋創造大の期待の
セカンドドライバー「さとえり」チャンが
助っ人でドライブする1時間レースで
期待通りの走りをして見事ポールを奪取。

2時間レースは今回はTGMY2005の
セカンドドライバーの「ばなな@TGMY」が挑戦。
「元祖最速次男」の期待をかけたのに
予選2位のフロントローでした。
しかしそれにオマケが付きました。
チェカー後停止する時ブレーキがロックし
大きな音とともにバースト。
資格にはならなかったものの
表面がざらざらのコンクリート舗装にタイヤが擦り切れ
写真のようにX型に裂けた凄いバーストとなりました。

反省:ブレーキの効きはは『そこそこに…』

burst

  1. 2005/05/22(日) 12:00:00|
  2. エコラン・電気自動車
  3. | コメント:0

キャンギャル (T)

(TGMY 掲示板からのコピーです)

team TGMY Ashidaのキャンギャルが
WEM秋田でデビューしました。

会場で大蔵さんに依頼して公式予選中に
愛称募集のアナウンスをしてもっらいました。
すると隣の放送席のI have carさんが
間髪入れず「ジェニファー」。

その一声で「ジェニファー」に決定。
ただジェニファーでは硬いのでそれは本名とし
愛称を「ジェニー」に決定しました。

この掲示板を画像対応にしたのでその記念に
TGMY美人キャンギャルの「ジェニー」を見てください。

jenifer


  1. 2005/05/18(水) 12:48:00|
  2. エコラン・電気自動車
  3. | コメント:0

秋田WEM回顧 (T)

(TGMY 掲示板からのコピーです)

秋田から帰ってダウンしていたのではありません。
また燃料電池・鉛蓄電池の両クラスとも
完走できずに落ち込んでいたのでもありません。
ずっとバタバタして書き込む時間がなかっただけ。

でも今回のWEMはまた不完全燃焼だったことは確かです。
同じ車両で1日2時間を2本、それが2日となれば
やはりあちこちに無理があったのでしょうか?

4月30日から5月1日午前中まで作業、
その後1日の21時過ぎに大阪を出発。
途中金沢でドライバーを拾い2日午後に大潟村に到着。

早速FCでシェークダウンすると中々戻ってこない。
やっと戻ったドライバーが
「全然見えない。周りの様子も直前も見えない」との報告。

t1.5のアクリルからt0.8のPE板に代えたキャノピーが
加熱化工による濁りで視界不良。
キャノピ先端部を切り落とし、
こんなこともあろうかと用意した未加工のPE板に張替え。
何とか走れることを確認してその日は終わり。

翌3日公式練習日
燃料電池部門では今回もまた早々に水素切れで停車。
その後のタンク計量でタンク内に水が
各7g入っていると知らされる。
水素タンクの圧力が下がると秘密兵器の
ドラえもんタンクから水が逆流したようです。
翌日の決勝では使用禁止となりました。

鉛蓄電池部門は相当押さえた結果ペースが遅く
10周は越えたものの順位は低迷しています。
しかし2時間走行で最後走行中22V(2直2平)以上です。
翌日はペースアップできそうです。

4日決勝日
燃料電池部門はまたも1時間一寸で水素切れ。
大同メタルさんの話ではこのFCスタックを
フルパワーで使用してもこんなに早く
水素切れをおこしません。
どこかで水素が洩れているのでしょう。

鉛蓄電池部門は最初10?11周ペースで走行。
7周終了時点で予測より電圧が高いので
12周ペースに上げようとした途端に微振動発生。
2日間で2時間4本走るのにタイヤは問題ないはずですが、
何か異物を踏んだようで2箇所に刺さった痕があり
リタイヤです。

本当にスッキリしないWEMでした。

ただZDPの「ミラクルでんちくん」が2003年に
優勝した時の記録78.5504kmを
14インチタイヤの「ミラクルでんちくん」が78.5755kmと
20.1mだけですが更新しました。

これでやっとTGMYの14インチタイヤが20インチミシュランに
並んだことを示すことができました。
「ミラクルでんちくん」は昨年の車両とは
タイヤ以外に何も変更がなくTGMYタイヤの進化だけで
昨年より17%も記録向上したことが何よりの成果です。

今回の秋田はTGMY4人で初の揃い踏みで、
往復の社内はまるで家の延長でした。

秋田初めてのYはWEMどころではなく、
小林さんのご両親に男鹿観光にまで
連れて行っていただきました。

同じく秋田始めてのGは鉛蓄電池部門の
No.1ドライバーとして登録しましたが、
ヘルメットを被るとマイナスウエィトが必要で
2日に練習走行を1周しただけでドライバー解任でした。

WEMの表彰式で特別賞の「菜の花賞」を頂きましたが、
受賞理由が今一よく分かりません。

大阪の自宅に帰ったのは5日の朝10時過ぎ。
大急ぎで車両を下ろしてレンタカーを
返却したのは12時前でした。
  1. 2005/05/07(土) 12:00:00|
  2. エコラン・電気自動車
  3. | コメント:0

みちのく (G)

秋田遠かったよ。
よくこんな遠くまで毎年行っていたもんだと感心した。
  1. 2005/05/03(火) 12:00:00|
  2. つぶやき
  3. | コメント:0

秋田WEMへもう直ぐ出発 (T)

(TGMY 掲示板からのコピーです)

また昨夜も徹夜してしまいました。
毎年、秋田出発前夜は徹夜するのが
恒例になってしまいました。

今年はT・G・M・Yの全員が秋田です。
帰りは5日朝の予定で、
あと30分ほどで片道1200kmの長旅に出発です。
  1. 2005/05/01(日) 21:00:00|
  2. エコラン・電気自動車
  3. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。