logo240x80 blog

会社(株式会社TGMY)のサイト
チーム(team TGMY ashida)のサイト もご訪問ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

シリコンバッテリーのメリット (T)

(TGMY 掲示板からのコピーです)

シリコンバッテリを通常の自動車に使用した場合、
どのようなメリットがあるのかという疑問に対する答えです。

シリコンバッテリーの本来の開発目的は
鉛酸バッテリーの宿命〔サルフェーション〕の防止・改善です。

それにより自己放電が改善され
エンジンを掛けずに長く放置しても
始動電圧が確保され始動性が上がります。

またサルフェーションによる劣化が著しく少ないため
バッテリー自体の寿命が長く、
最初は多少高くても結果お買い得です。

シリコンバッテリーは本来自動車バッテリー用に開発され
電気自動車で成功したのは付録と考えたらよいでしょう。
スポンサーサイト
  1. 2006/08/30(水) 12:00:00|
  2. 製品情報
  3. | コメント:0

シリコンバッテリーの実力 (T)

(TGMY 掲示板からのコピーです)

今年の四国EVラリーに参加して最大の収穫は
シリコンバッテリーの実力を試せた事です。

驚きその1
8月17日にこのBBSに書きました。
四国EVラリー参加準備として8月14日、
EV CIVICの5月に載せ代えたシリコンバッテリーの
実力を試すロングランテストを実施しました。

変更したバッテリーは
GSの75D23R(シリコン改質済み)24個から
ALECoのALC-26D(シリコンバッテリー)24個に代えました。

テストは郊外70km+市街地で電欠して止まるまでの
走行距離:156.6kmでした。
従来の実績120km+αに対し従来比130%で記録を大幅に更新。
バッテリー容量は70Ah+αで
以前のバッテリー(52Ah)比140%+αとなりました。
燃費は2.116km/Ahでした。

驚きその2
8月26日、四国EVラリー1日目、最初に挑んだのはレグ8。
吉野川付近を上流へ約65km上って戻ります。
結果は往復距離:132km、消費電流:46.28Ah、燃費:2.85km/Ah

走行後まだ25Ahほど残っています。
それまでの燃費:2.85km/Ahを掛けると71km走れることになり
鉛バッテリーで夢の一充電200kmオーバーに届きそうです。

驚きその3
8月27日、四国EVラリー2日目、レグ11に挑戦。
前日の高燃費が維持できれば67km先にある
23番「薬王寺」も往復できます。
途中38kmのチェックポイントまでの燃費を見ながら
薬王寺を目指すか引き返すか決めることにして出発。
ただ不安は40km過ぎから太平洋に面する国道55号線が
海岸沿いの峠を数えられないくらい上り下りする事です。
最初のチェックポイントまで3.15km/Ahの高燃費で行け、
そこで躊躇せず薬王寺を目指しました。
結果は往復距離:142.4km、消費電流:50.5Ah、燃費:2.82km/Ah
全工程の20%以上が峠越えであったにも関わらず
高燃費が維持できました。

今までシリコンバッテリーを使用しています。と言いながら
普通の鉛酸バッテリーから希硫酸電解液を抜き
シリコン電解液を注入したシリコン改質バッテリーを使っていて
鉛酸バッテリーより10%ほどAhが増えて悦んでいました。

今回初めて最初からシリコン電解液を注入した
ALECoのシリコンバッテリーを使いその性能に目からウロコです。

このALECoバッテリーは 〔TGMY〕 で取り扱いを始めました。
自分で試した好結果に自信を持って皆さんに勧めることができます。
  1. 2006/08/29(火) 12:00:00|
  2. 製品情報
  3. | コメント:0

四国EVラリー2006近し (T)

(TGMY 掲示板からのコピーです)

今年も四国EVラリーの時期が迫ってきました。
もう来週の末、26・27日の開催です。

EV CIVICの準備
先日のお盆の間に、5月に載せ代えた
シリコンバッテリーの実力を試すロングランテストを実施しました。

変更したバッテリーは GSの75D23R(シリコン改質済み)24個から
ALECoのALC-26D(シリコンバッテリー)24個に代えました。

テストは予想を大幅に上回る結果となり大満足!
電欠までの郊外70km+市街地での走行距離は156.6kmで
従来の実績120km+αに対し記録を大幅に更新。従来比130%です。
バッテリー容量は70Ah+αで
以前のバッテリー(52Ah)比140%+となりました。

この結果で四国EVラリーの参加レグの見直しが
必要になりましたが嬉しい方向への見直しなので大満足です。

このALECoバッテリーは近々〔TGMY〕で取り扱っています。
ashida*tgmy.jp (* を @ に置き換えてください)まで
お気軽にお問い合わせください。
  1. 2006/08/17(木) 12:00:00|
  2. 製品情報
  3. | コメント:0

ハンズフリーマイク (T)

TGMY オリジナルハンズフリーマイクを作りました。

仕様:巻き取りリール・音声ボリューム・平型コネクタ

平型コネクタは今後の主流です。handsfree


  1. 2006/04/13(木) 12:18:07|
  2. 製品情報
  3. | コメント:0

ウレタンチューブ (T)

(TGMY 掲示板からのコピーです)
(下の内容は2006年1月のものですが、現在でもタイヤ販売中です)
(値段等は変更になる場合があります。お問い合わせください)

シーズン開始直前にご注文が殺到すると、
各チームの希望納期に供給できないため、
ウレタンチューブの予約を受け付けます。
なお、年始の予約販売時期以外の注文は通常通りです。

●ウレタンチューブは多くのチームがお使いになり
好評を得ています。性能はブチルチューブに比べ
格段に転がり性が良くなり、ラテックスチューブ並です。

●サイズは以下の4種類です。
詳しくは team TGMY ashida の HP をご参照ください。
〔20インチ ウレタンチューブ〕:標準リム幅(幅40mm程度以下)用
〔20インチ ワイドリム用ウレタンチューブ〕
〔14インチ ウレタンチューブ〕:標準リム幅(幅40mm程度以下)用
〔14インチ ワイドリム用ウレタンチューブ〕

●価格は消費税を含んで以下の通りです。
〔20インチ ウレタンチューブ        ¥1575(送料別)〕
〔20インチ ワイドリム用ウレタンチューブ ¥2100(送料別)〕
〔14インチ ウレタンチューブ        ¥1575(送料別)〕
〔14インチ ワイドリム用ウレタンチューブ ¥2100(送料別)〕

●締め切りおよび納品時期
・第1回予約締め切り2006年1月末、納品予定3月20日?末を予定
・第2回予約締め切り2006年3月上旬、納品予定4月20日?末を予定
〔注〕上記期間以外でも在庫を心がけ年中受け付けしています。

●購入ご希望の方は、以下の内容を記載して
メールでお申し込みください。
なお、よろしければお知り合いのチームにも教えてあげてください。

ご注文メールの記載事項は、
[注文者氏名][チーム名][送り先および氏名]
[郵便番号][住所][電話]
[使用タイヤメーカー][品名・数量・単価・小計]
[合計金額][コメント]

ご注文メールの宛先:ashida*TGMY.jp へお願いします。
(*を@ に置き換えてください)

【供給制限のお願い】
TGMYタイヤユーザーへの安定供給のため
14インチワイドリム用ウレタンチューブに限り、
TGMY14インチタイヤをお使いのチームへのみの供給といたします。
なお、20インチ標準、20インチワイドリム用、
14インチ標準ウレタンチューブに関しての供給制限はありません。
  1. 2006/01/17(火) 12:00:00|
  2. 製品情報
  3. | コメント:0

謹賀新年 (T)

(TGMY 掲示板からのコピーです)

皆さま
あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

*お年玉情報
先月量産試作した14インチタイヤは
性能が向上し目標に比べ満足できるデータが出ています。
またアシタイヤはパンクしやすいと言われ続けましたが
性能を落とさずパンク発生性を抑えました。
(対パンク性ではありません)

この技術を20インチタイヤにも反映します。
20インチタイヤの量産試作は今週末の予定!
目標のタイヤをどれだけ超えられるか試験をするのが楽しみです。

team TGMY ashida のサイト でタイヤ販売中です)
  1. 2006/01/01(日) 12:00:00|
  2. 製品情報
  3. | コメント:0

日刊自動車新聞に記事が (T)

(TGMY 掲示板からのコピーです)

3月18日(金)付けの日刊自動車新聞に
私の始める【TGMY techno】の仕事の一部とする
新製品の記事が載りました。
記事が載っているのは8Pの近畿圏版に幅11cmの5段抜き。

新製品は [HALFEXTENT(ハーフエクステント)] と
チョットお洒落な商品名を付けました。
しかし製品は名前とは裏腹に「中高幌」と
用途名を付けた、軽トラックの後方視界を確保する
折り畳みフレームを持つ新しいサイズの幌です。

今までにはないけど、とっても地味な商品です。

製品の写真も2枚掲載されています。
新聞を見る機会のある方はご覧ください。
そして意見をお寄せいただければありがたいです。

簡単なパンフレットをPDFにしています。
興味ある方は連絡いただければmailに添付します。
冷やかしも歓迎です。

メールアドレス: ashida*tgmy.jp
(* を @ に変えてください)
  1. 2005/03/18(金) 12:00:00|
  2. 製品情報
  3. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。